いまさら聞けない大人のマナーについて

お葬式のマナーについて

お葬式のマナーで一番重要なのは、相応しい格好をしていることです。
葬式用の服のことを喪服といいます。
スーツ型のものもありますし、和装のものもあります。
基本的には黒を基調としています。
日本の場合、黒が喪服の色ですから、それはしっかりと覚えておきましょう。
ちなみに中華圏ですと白が喪服の色になります。国によっても常識がだいぶ変わります。中世までは日本も白が喪の色だったのですが、現代では基本的には黒が喪の色となります。ある年齢になったら黒い喪服を一枚くらいは持っておくことが大事です。
但し、どうしてもない場合は普通のスーツでも大丈夫です。
しかし、できるだけ黒に近いスーツを着ていくことを心がけることが大事です。
それと気をつけるべきとして、ネクタイも黒、靴下も黒、ということであり、これが意外と忘れてしまうことがあるので、よく覚えておく必要があります。
お香典の額ですが、これは関係性によって額の相場が変化します。よく調べて立場に合わせた額を入れるようにします。